始まり

静岡県裾野市にある葛山(カツラヤマ)の地に、葛山製作所は1964年、故・勝又義和によって創業されました。自身が起業したい一心で、当時の高度経済成長期における主要産業だった自動車の中でも精密ネジやナットを作るため、覚えたばかりの旋盤を4畳程度の土間に置いたことが始まりです。
そこから何十年と品質と技術を高めることに日々の努力を惜しまず、常にお客様に最高の製品をお届けしたいという想いで製品を作り続けてまいりました。この想いこそが業界では後発でありながら現在まで発展することができた証しだと自負しております。今後も様々なお客様に製品をご提供し続け、お客様と社会の発展に貢献してまいります。

旧本社工場

行動指針

『人柄のよい優秀な技術者となって世の期待にこたえよ』

沼津工業高等専門学校の教育理念である上記の言葉は初代校長である井形厚臣氏の遺訓です。同校卒業生である現社長の勝又和彦が当時感じた未来への期待を「社員にも感じてもらいたい」という想いで行動指針としました。
もちろん当社にはあらゆる業務に携わる社員がいます。技術者だけでなく社員全員が企業活動を通して成長し未来を楽しむ場として会社を利用してもらいたいと考えています。その中から生まれるモノこそ、お客様から信頼されより良い社会をつくることに貢献できると信じています。

経営理念

『自ら成長し、あらゆる変化を楽しみ、柔軟かつスピーディに製品と喜び、新たな価値を提供する』

私たちのミッションは、お客様のご要望に柔軟かつスピーディ応え、常に満足して頂ける製品を提供することです。そのため急激に変わる社会環境において、新しい技術やアイデアを積極的に取り入れ、自ら変化し成長することを楽しんでいきたいと考えています。自分たちが一歩先に変化していくことで社会をリードし、お客様に製品と喜び、そして新たな価値を提供していきます。