はじまり

静岡県裾野市にある葛山(カツラヤマ)の地に、葛山製作所は1964年、故・勝又義和によって創業されました。自身が起業したい一心で、当時の高度経済成長期における主要産業だった自動車の中でも精密ネジやナットを作るため、覚えたばかりの旋盤を4畳程度の土間に置いたことが始まりです。
そこから何十年と品質と技術を高めることに日々の努力を惜しまず、常にお客様に最高の製品をお届けしたいという想いで製品を作り続けてまいりました。この想いこそが業界では後発でありながら現在まで発展することができた証しだと自負しております。今後も様々なお客様に製品をご提供し続け、お客様と社会の発展に貢献してまいります。

旧本社工場

沿革

1964故・勝又義和が葛山に金属加工場を創業
1972個人企業から法人組織に改め、有限会社葛山製作所として設立
1989圧造機(冷間鍛造)を導入
1998勝又和彦が代表取締役社長に就任
2005沼津事業所(沼津工場)開設
2006本社および沼津事業所においてISO9001:2006認証取得
2008本社新工場開設
2014経営革新補助金「塑性加工による油圧機器向けネジ製造工程におけるネジ山成形方法の確立」承認(静岡県)
2015沼津事業所第4工場開設
2018ISO9001:2015認証更新
2018転造タッピング装置に関する特許を取得(特許第6267139号)
2019健康経営優良法人認定(経済産業省)
2020事業継続強化計画認定(中小企業庁)